FC2ブログ

*らくがき帳*

デザイン学校在住。3次元に近いまじめBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

題材:日本建築

学校の授業のレポートです。

前回のテーマが『お米』
俳優の兼崎健太郎の紹介をしたあと、お米がなぜニックネームとして定着しやすかったのか、ほかに定着しやすい食べ物は?
というレポートを書きました。

前々回のテーマが『オーロラ』
さくらももこ著のコジコジでオーロラを見て感動しているシーン、
炎神戦隊ゴーオンジャーの敵キャラ、ケガレシアを例に挙げ、
2次元世界でも3次元世界でも美しいものは美しいと定義されている。まぁなんだかんだで2次元が何でもありってわけではないのです。
というレポートを書きました。


そして今回は『日本建築』です。

というわけでこんなレポートを書いてみました。







--------------------------


ぼくはもうすぐいらなくなる。

あいつが憎い。人間が憎い。すべてが憎い。
ぼくを見る人すべてが陰口を言う。

そしてぼくはもうすぐいらなくなる。





ライトアップはいつまで続くのだろうか。
いつまで覚えていてもらえるのだろうか。

ぼくは、いつまでここにいられるのだろうか。


こどもたちの笑い声が聞こえる。
ぼくを嘲笑う声だろうか。
もう必要のなくなる、ぼくのみじめさを。













 あぁ、違う。






ぼくは気付いた。

今でも聞こえるこどもたちの笑い声、修学旅行生の驚きの声。
はじめてぼくが電波を出したとき、みんながぼくにありがとうと言った。
ぼくはいつも鼻高々だった。






もういい。
もういいんだ、思い出は消えない。


ぼくはまだここにいる。

スカイツリー、きみはぼくより幸せになれるだろうか。



きっと、なれるだろう。
ぼくはきみより低い視線できみを見守っている。

1番ではない身長で、ぼくはいつでもきみたちを見ている。
















「放送局の電波料収入が途絶えた場合、観光収入だけでは経営は難しく取り壊しもありえる」


「もう、潮時か…」



















そしてぼくはいなくなる。







---------------------------










今から続編かきます笑
スポンサーサイト
  1. 2010/05/28(金) 21:45:35|
  2. 作ったものまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。